全身へのリスクを回避するためにも歯周病治療を

全身へのリスクを回避するためにも歯周病治療を

歯周病治療は虫歯治療と同じくらい、治療を受けている人は増えてきています。

虫歯治療しか経験のない人は、歯周病治療と聞いてもピンとこないかもしれないです。


しかし大人であれば、自分も歯周病にかかっている可能性は高いです。成人した大人が天然歯を失う理由として、その9割は歯周病と言われているほど、もはや国民病でもあるためです。



歯周病治療に力を入れているのは、たんに歯周病が歯の病気だからではありません。
歯周病は肉体的な病気にも関わるので、糖尿病であったり、妊婦であれば低体重の赤ちゃんの出産など、あらゆるリスクが含まれているからです。歯周病は細菌性因子に環境因子、それから宿主因子など、3つほどの要因がります。

宿主因子というのは、人種や年齢、歯数や遺伝、白血球機能や糖尿病などのことです。

歯周病は初期のころは、症状がほとんどない歯の病気です。

歯周病治療のことならこちらのサイトが便利です。

ただ気が付くとしたら、歯ブラシでの歯磨きをした時に、歯肉から出血をしたり、あとは歯茎が赤みを帯びたりすることがあります。

それを本人で、歯周病だとは気がつかないでしょう。

でも症状が進み始めると、安定していた歯が動揺しはじめて、歯茎には赤みのある腫れが出てくることがあり、痛みも感じたりします。

BIGLOBEニュースの役立つ情報をお探しの方にお勧めです。

歯周病の症状は放置してはいけないのは、全身に悪影響を与えるからです。

糖尿病や心筋梗塞なども、歯周病を発端とすることがあるためです。

骨を溶かすほどの病気ですから、安易に捉えてはいけない歯の病気です。