歯周病治療と予防法

歯周病とは、細菌の塊であるプラークによって歯の周り骨が溶けてしまい、歯が揺れたり歯茎が腫れたりしてしまい、最終的には歯が抜けてしまう病気になります。

日本人の多くがかかっている病気で歯を失う一番の原因となっています。

歯周病治療のことなら、こちらをご参考にしてください。

一度歯周病になってしまうと完治することがなく、歯周病治療は現状を維持して進行させないことになります。

歯周病治療の基本はプラークコントロールになります。

原因であるプラークをとることをメインとしており、歯科ではプラークや歯石を取るクリーニングなどを行なって治療していきます。

それでも進行してしまった歯周病ではとりきれなかった歯石や歯周病で溶けてでこぼこになった骨の形を整えてプラークコントロールしやすくしていきます。
状態の悪い歯は抜歯して、ほかの歯に悪い影響を及ぼさないようにします。

また、進行しないように定期的なメンテナンスをしていくことが歯周病治療になります。歯周病を治療する場合、自宅でのケアも重要です。

プラークを除去するには毎日の歯磨きが基本で、毎食後に行なうことが理想ですが、適当に磨くだけではプラークを完全に取り除くことはできないため1日1回だけでも良いので時間をかけて丁寧に歯を磨くことの方が効果的です。

Girls Channelの情報サイトへお越しください。

歯ブラシの毛先が開いてしまうと効果も減ってしまうため月1度は交換することがおすすめです。歯磨きが終わった後は、デンタルフロスを使うことも良いとされています。

丁寧な歯磨きと定期的な歯科の健診が歯の健康を守ります。