歯周病治療は基本の歯磨きの仕方から

歯周病治療は基本の歯磨きの仕方から

歯周病治療は大切な歯を守る、歯磨きの指導からはじまります。

当たり前すぎて拍子抜けするかもしれませんが、歯周病治療などにとっても、正しい歯磨きをすることは重要です。

ここでポイントは、正しく磨けるかどうかです。

正しい歯磨きを日々出来ている人というのは、意外と少ないです。



でも歯周病治療の第一ステップとなる歯磨き指導では、正しいブラッシングを学ぶ良い機会になります。



歯ブラシの選び方から始まり、歯ブラシの持ち方のチェックや、歯への毛先の当て方、それに力の入れ方から動かし方まで教えてもらうことができます。
模型を使用した指導なので、わかりやすくレクチャーしてもらうことができます。

歯医者ですから専用の薬剤を使用して、歯の汚れを赤い色で若い色で染め出したりできますから、歯ブラシしたあとの磨き残しもわかります。
歯周病治療では、歯にこびりついた歯石除去も行います。

歯石は超音波などの機器を使用して破壊をして、キレイな水で洗い流します。こうした歯科医院でのやり方は、効率的にたくさんの歯石も、取り去る作業がはかどります。


とはいえ少しばかり時間はかかりますが、小さい歯茎の歯石なども、しっかりと確認をしながら除去していくことが可能となります。


歯周病治療をしない人であっても、普段から歯のクリーニングはしておくといいです。
歯石を除去してもらうために、クリーニングは大事ですし、それによって虫歯や歯周病を予防することにもなります。